ピル値段

ピル値段

ピルの値段

 

すぐにピルを購入したい方はこちら

 

ピルは一般的には医者の処方がないと日本では買えません。また治療以外の目的で使用するピルは保険が効きませんので自由診療となります。

 

医者で処方してもらうには、必ず事前検査と言うものを受けなければいけません。

 

ほんとは、2006年2月1日に社団法人日本産婦人科学会の「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」が変わって、問診と血圧測定のみでピルを処方できるようになっているのですが、実際は、医者の儲け主義の都合でそれ以外の事前検査をして高額な請求をしてくる悪徳な医者もいます。

 

ピル

良心的な医者でも最低の事前検査はしますので、ピルの代金以外に事前検査料や初診料などいろいろプラスされて、5000円以上は請求されます。
悪徳な医者ですと、数万円は軽く請求してきます。

 

日本では、ピルを飲む習慣が諸外国に比べてあまりまりませんので、使用している人もほんの数%です。
ですので、医者の間でも値段で競争する必要もなく儲かる治療の1つとされています。

 

歯医者には行く方がたくさんいるので、簡単にわかると思いますが、自由診療になった瞬間、請求される価格が1桁変わってきます。
インプラントや、矯正、セラミックなどをすると、軽く10万以上は請求されます。

 

歯医者は、今ではコンビニよりも数が多いと言われていますので、競争がありますから無茶な値段を請求してくるところは患者が来なくなり倒産してしまいますので、どこに行っても大体同じ値段になっています。それでも高いです。

 

ピルにいたっては、全く競争がありませんので、医者のやり放題になりますから、医者により値段が大きく違うのはお分かり頂けると思います。

 

いろんなピルに関して丁寧に書いているサイトを見ると必ず、「何軒か電話で料金を確認してから行きましょう。」と忠告してくれています。

 

ですが、地方に行くとそんなに何件も婦人科なんてありません。いろいろ電話で確認したら、安い医者が車で1時間以上掛かるとこだったなんてことなら、話になりません。

 

普通の薬ならその病気が治ってしまえばそれでお終いですが、ピルは毎日飲んで意味のある薬ですので、無くなればまたもらいに行かなければなりません。

 

ですので、自宅にいて、ピルを安く、安全に買う方法を教えます。

 

>>>こちらからピルを購入できます。
 

ピルを安く買う方法

 

日本では、薬は個人で使用するものに限り、一定量までは個人輸入(外国から買う事)していいと法律で決められています。

 

医薬品等の個人輸入について

 

この個人輸入を使用しますと、医者や製薬会社が儲ける部分をカットできますので、安くピルを購入することが出来ます。

 

個人輸入と言っても自分で個人輸入をするわけではありません。また出来る人もそうはいません。

 

個人輸入に関しては、その作業を代行してくれる会社がたくさんありますので、そちらにネットから注文するれば、1週間ほどで手元にピルが届きます。

 

簡単なのですが、私の友達も引っかかりましたが、偽物を売っている業者がたくさんいます。

 

以前、製薬会社が個人輸入で入ってくる薬を調べたら、80%が偽物だったなんてデータもあります。

これだけは守ってください。
自分でネットで見て安いからと、勝手に直接注文をすることは絶対に止めてください。
偽物の業者も平気で本物と言って販売しています。
毎日口に入れる薬ですので、最悪の場合には体を壊します。

私の友達はしばらく飲んでいたら、普通に生理がきたのでおかしいと思い、すぐに医者に見せたところ製薬会社で調べたら何の効果もない。飴とおなじようなものだと言われ、偽者と気が付いたのですが、私に言わせれば彼女は超ラッキーです。

 

何か体に悪いものが入っていたらそんなことでは済みません。

 

私は自分が偽物を買わされてはかなわないので、あれこれと調べて実際に購入して、医者に見せたところ本物だと言われたところから購入しています。

 

私が現在購入していて安全だと確信できる業者をご紹介しますので、そちらから必ず購入して下さい。

 

>>>こちらからピルを購入できます。
 

世界のピルの状況と日本

 

ピルは世界で、1億人以上が飲んでいる、薬としては最も多く飲まれている薬です。

 

アメリカの食品医薬品局(FDA)が1960年に世界で初めてピルを承認しました。日本ではそれからお遅れること40年の1999年9月にピルが承認されました。

 

ピルはフランスで60%ドイツ59%オランダ49%の女性が服用しています。日本では、3%以下と言われています。

 

日本は世界2位の先進国でありながら、ピルに関しては世界ー遅れている国です。

 

海外では母親が思春期の娘を病院に連れてきます。10代へのピル処方が無料の国もあります。

 

日本ではまだまだピルの服用に偏見が多く、エイズが騒がれた90年には、「ピルの普及で、コンドームの使用率が下がり、エイズウイルス感染が広がる」なんて反対意見もありました。

 

またピルを飲むと、太る。なんて馬鹿なことを言う人もいます。

 

ピルの効果をもっと日本人は正しく知るべきです。ピルを飲んでも子宮がんにはんりません。逆に子宮がんになるのを防いでくれます。

 

ピル

ピルは女性側から選択できる唯一の避妊方法です。

 

ピルを服用することによって、避妊以外のたくさんのメリットがあります。ですが、何故か日本では悪いほうの副作用ばかりを気にします。

 

世界では女性がピルを飲んでいても当たり前のことで、それを聞いて驚く人はだれもいませんが、日本でピルを飲んでいるなんて言ったら、そんなにエッチが好きなの、なんてびっくりするようなことを言われてしまいます。

 

そんな意識のある日本人ですから、「病院にピルをもらいに行くなんて、恥ずかしいことだ」などと考えてしまい、ピルをもらいに病院へ行く女性はほとんどいません。

 

男性にいたってはもっと、知識の無さは深刻です。

 

「ピルを飲む=中出しできる」ぐらいの知識しかありません。

 

海外ででは、ピルを飲んでいても、コンドームをつける事が常識になっています。ピルでは性病は防げませんので、コンドームをつけることは、ひとつのマナーでもあります。
日本人の男性はコンドームを付けるのを嫌がる人がいますが、もし相手に性病を移したり、妊娠をさせてしまったらどうするつもりなのでしょう。

 

被害を受けるのは女性だけです。

 

望まない妊娠をしてしまっても男性の体には何の被害もありません。

 

また性病は女性のほうが男性に比べて、感染しやすい性器の構造になっています。男性の性器は外に出ていますので簡単のに洗うことが出来ますが、女性の性器は体の内側に入っていますので、一旦性病の菌が膣に入ったら、簡単に子宮へ移動してしまいます。

 

日本では、ピルや性病に関して、もっと正しい知識を教育する必要があります。

 

>>>こちらからピルを購入できます。